ComicTreasure23
出店のお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スケッチブック舞台巡礼全記録④ 太宰府・雑餉隈・最難関聖地「阿志岐」そして (2009.04.03 Part2)


△西鉄と並走するわたくし(この後すぐ追い抜かれる)

そしてまたお久しぶりです…ッ
また学業故のこのスローペースっぷり…
ひとつレポートが終わってから即座に次のレポートを書き始めるという
恐ろしい月末月初めでございました…

言い訳はともかく
スケッチブック舞台巡礼記 ’09年編最終回
2009年4月3日

キーポイントとなる舞台を巡り、何かに気付き始めます。
どうぞご覧下さい。

※「スケッチブック〜full color's〜」
 (小箱とたん/ MAG Garden・full color's)
 「スケッチブックパーフェクトワークブック」
 (小箱とたん監修/ MAG Garden)
 内の画像を
 比較研究目的のため引用して居ます。



2009年4月3日

14時ごろ

二日市駅到着。この駅の形状は特徴的なので記憶にも残っていた。
skb09-96.jpg
・本当に特徴的な入り口が目立つ西鉄二日市駅。
skb09-95.jpg
・実際のアングルはもう少し手前から…ですね。
 西鉄旅行(酉鉄旅行になってる)の看板などが一致。
skb09-97.jpg
・「青い電車」を目撃。劇中歌「遠くまで行こう」はこの電車のことだと言われます…
 
写真を数枚撮り移動。
続いていよいよ、高校に向かおう!
skb09-100.jpg
…と意気込むも、君畑という交差点付近でさっぱり道がわからなくなってしまった…
大きな交差点をどちらに行けばいいのかわからない状態になり途方に暮れていると、お菓子屋さんがあることに気づく。


skb09-98.jpg

「今日はサカエ屋さんにシュークリームを買いに来ましたー!」

神谷ちゃんお気に入りのシュークリームが売っている、
九州でチェーン展開するお菓子屋さんのサカエ屋さんこと、
さかえ屋さん(ややこしい)ではないか!
ある意味舞台巡礼である。
中に入りシュークリームを購入するとともに、
お店の方に道を聞く事に。優しく教えて頂き感謝。

店の方「よそから来られたんですか?」
私「ええ…京都から来たんです」
店の方「そりゃわからんようになるわねえーw」
私「ですよね〜HAHAHA」

はっは…碁盤の目で整備された条坊制が生んだ弊害と言えよう…
教えて頂いたルートによりようやく道、そして
地図の見方がわかった(おせえ…)。
今度来るときはコンパスを持って来よう…そう思った西宗であった。

skb09-101.jpg skb09-102.jpg
そこからの道はかなりハードであった…
県道3号線の坂を上がりさらに坂を上がり、そこからまた住宅地を通る坂を上がると言う…
ひたすらに坂を上り続ける。道中の桜に癒されながら。坂を上りきったあと下る、と

14時40分頃

太宰府高校に到着。
skb09-103.jpg
おおお…あの風景そのままではないか!というオブジェ、全景、学校に登る坂を見たり登ったり。桜並木が彩っていて美しかった…。
skb09-104.jpg
・太宰府高校入り口のオブジェ。さてこれは結局何なのでしょうか…
skb09-105.jpg
・太宰府高校は正門まで坂が続いております。自転車置き場は構内だろうから結構生徒さん大変そう・・・
skb09-106.jpg
・坂を上がりきったあたりから撮影。奥手の大きな建物が描かれています。

その後10話等に登場する、太宰府高校周辺のカットを探したくなり暫くうろつきにうろつく…が、当然偶然には見つからないもので…おかげでこの周辺の全貌は掴めたのだが時間を食ってしまう。
skb09-110.jpg skb09-112.jpg
ねこねこ…
意気消沈したまま気付けば太宰府高校に戻っていた。資料不足のダメさよ…仕方が無い。反省しつつ、次に阿志岐という地域に向かう。太宰府高校からまた一山超えたところにある地域である。しかしここ阿志岐こそが、今旅最大の難所であった。

15時30分頃

skb09-114.jpg skb09-113.jpg
山を超えると到着。広々した田んぼが広がる良い場所である。
ところどころにある鉄塔・・・このどこかにオープニングの鉄塔がある筈、と写真を撮りたくる。
数打ちゃ当たる理論で資料の無い私は撮りたくる。
(帰り確認した結果、一番最初に撮った鉄塔がそれだったのだ…右写真に写っているものがそれです。)

さてこの場所には、2つ探したい場所があり来たのであった。
手持ちのワークブックに幸いにも載っていた。第1話などに登場した橋と、次回予告に使われた、木製のベンチの置いてある場所。
…しかし…いかんせん場所が分からない…!
手持ちの地図はあるものの、縮尺の影響で細い道まで印刷できてなかったのだ…見くびっていた…(←最初からずっと見くびっとる・・・)

skb09-115.jpgskb09-120.jpg
それでも幸いな事に、橋(大宮司橋)は割とすぐに見つかった。橋は川沿いにあるので川沿いに走ればたどり着くのだ(そらそや…)。
この橋は第1話に登場。

skb09-116.jpg skb09-117.jpg
さて…広大な田圃に癒されつつも、もう一つの場所が見つからず奔走することに…
ワークブックには「用水路」そして「川」と書いてある。この2つの間…とはいえ田んぼは広大に広がるし、川は長く走っているし
…大体南北すらわからない!(←致命的だ)
途方に暮れる私はもう一度ワークブックを凝視した。すると、ある事に気がついた。



ワークブックには後ろに山が描かれている。
この山の配置、稜線が北の方に見える山と同じであったのだ。
位置関係から推測し、南から北へ向かえば必ず通る…!と確信。
skb09-124.jpg
宝満橋(県道112号線)という橋まで下り、推測を信じつつ北上すると…

16時40分頃


skb09-125.jpg
ようやく発見!うわあベンチも描かれた通りそのまま残っている!という感動に包まれながら、
探し当てるまで1時間という時間に戦慄したりする…疲れたが、その分の感動もひとしおであった。
ああー、ようやく見つけられたという満足感。しかし今回は資料不足のせいもありあまり探せなかったなあ…という後悔もあった。
(また来よう…)と心に決める。

skb09-126.jpg
ふと、横切った道が比較的新しいことに気づく。最近出来たのだろうか。
ここもいつまでもこのままではないのだろうか…いつまでも、残っていてほしいなあ。

少し叙情的になり時計を見る。


16時45分

…レンタサイクルの課金時間(1時間毎に値段が上がる)は17時…
うわああああああ!

地図を見た所、北の方に近道?があることに気付く。
よし、こっちに向かおう!
…そうして選んだ道は
坂がひたすらに続く道だった…必死に登る、登る、登る…下る。
skb09-127.jpg
途中の景色が印象深い…焦っていたせいであろう…。
※それにしてももっすごい道だったので、
 普段自転車で何気なく山に出かけて死ぬ思いをする私のような方にしか
 オススメは致しません…

17:00過ぎ

skb09-128.jpg skb09-129.jpg
何とか太宰府駅に戻る。(少し遅れたが駅の方に免除していただいた。ありがたい事です…)
ここであるバスの便を聞き、確認した所でお土産を買い、雑餉隈(ざっしょのくま)に向かう。
スケッチブック舞台巡礼としては今回最後の町…であった。

17:30頃[西鉄 太宰府→雑餉隈]

skb09-130.jpg skb09-131.jpg
今旅初の青い電車(にしてつ)に乗車。
乗り継いで行き、雑餉隈に着。
段々空が暗くなって行くところだった…

18:00頃

skb09-132.jpg 
目当ては「サンドリア」さん。第4話に出て来た喫茶店。
そのままの光景が広がっていてビックリ。ああそうか、あちらに虹がかかるのか。
感動しつつも入るのに少し躊躇してしまう(激しき人見知りが発動…)ので、
とりあえずその辺を一周してみる事に。
skb09-134.jpg
商店街らしい商店街だなあ…と思っていたら
どこかの放送局のロケ隊を見つける

・・・!?

あろうことか芸能人に出くわす…
原口あきまさとはなわが居らっしゃった…!
どうやら偶然ロケで雑餉隈に来ていたらしい…
九州系の芸人だもんなあ。思わぬ目撃にビックリ…
どこかの子供が
「ああ!原口あきまさとはなわや!」
とありのままを叫んでいたのが印象深い……。

ちなみに調べてみた所、RKB毎日放送の
「原口・はなわの踊る!すまいる大御殿」という番組だとか…
番組サイトにバックナンバーはもうありませんでしたがorz
個人の方が写真をあげてらっしゃいました。
当然ながら、あの日見た服装と同じでちょっと(謎の)感動。
4月3日雑餉隈にある・・・|
越本隆志オフィシャルブログ「REAL SOUL BOXING」



skb09-135.jpg skb09-137.jpg
一周し、ようやく入店。(※写真は許可を得て撮らせて頂きました。ありがとうございました。)
とりあえず…注文はえーと…
skb09-136.jpg
散々悩み、何故かパフェにしてしまった…


美味しく頂き、さて出ようという時に店主の方に
「スケッチブックの舞台訪問?」と訊かれ本気で驚く。
な、何故それを・・・!?とお聞きした所、
どうやら同志!の方々が度々入店していたからわかったそうな…
店内の写真の許可を得たことからバレたのかしら…。
それでも嬉しく思って少し喋ったりした。
思わぬ交流であった…。
そんな中少し悲しい話を聞く。西鉄の大牟田線が高架化する予定で、
ここもいずれかは無くなってしまうとの事を…
「それまでにまた絶対来ます!」と告げる。

それが作品経由だとしても、
知っている景色が失われることはとても惜しい。
スケッチブックで気付かされたことがまた増えたのだった。
お店の方々、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

(そして現在は…この情報はまた後ほど…)


さて、店を後にし、・・・
skb09-138.jpg

・・・忘れ物をしたことに気付き(しかも電車で一駅行った後…)
skb09-139.jpg
△春日原駅にてUターン…

取りに帰り(恥ずかしいぜ…)、
skb09-139_.jpg
△雑餉隈駅再出発

また電車に。目指したのは…再び太宰府である。そこからバスで行きとは逆の道を辿るのだ。
そう、最後にまた志免竪坑櫓を見に。

19:00頃[西鉄 雑餉隈→太宰府]

雑餉隈から再び太宰府へ戻る。先ほど聞いたバスは元来た道を戻り志免へ行くと言うもの。
最後から1つ前のバスに乗り志免へ。そこで30分ほど滞在し、その次の最終バスに乗れば福岡空港まで戻れるというものだった。
滞在時間1時間弱、更に太宰府・宇美にて30分ほど乗り換えを待つと言う過酷な便であったが…
それでももう一度、最後に見ておきたかったのだ・・・

二日市駅にて乗り換え町の間に周辺を探る…発見は無かったが…。
(夜の二日市駅をご覧下さい。)
skb09-143.jpg

20:00頃

skb09-144.jpg skb09-145.jpg skb09-146.jpg
太宰府にてバス待ち。30分近く待たされる…観光地だけあって駅周辺は明るかった。
そのうちバスがやって来た。
skb09-147.jpg

20:30頃[西鉄バス 太宰府→宇美営業所]

skb09-147_.jpg
バスに揺られ宇美営業所へ。途中「原田橋」停留所を通過。
1巻に1コマだけ明確に出て来るバス停名だったりする…(行き先として)
宇美営業所着。しかしここから再び30分近く待つ…

21:00頃

この頃このような時間まで外に居る、という事が全くなかったので不安と楽しさが胸を締め付ける。
何が不安って回りにコンビニ以外何も無く…ただただ暗闇が広がるばかり。
コンビニで待っていてもよかったが、敢えて外で待ち呆ける。
何故だか暗闇が心地よい…そんな異次元感に酔っていたのだろうか。
(受験生の心境です。)

21:30頃[西鉄バス 宇美営業所→志免鉄道公園前]

skb09-148.jpg
そうこうしているうちにバスが来た。ついに最後の目標に向かうバスが。
私だけを乗せたバスが暗い道を走って行き、間もなく到着した。

21:50頃

skb09-149.jpg
志免鉄道公園着。最後のバス…
福岡空港行きは23時前にここを出るので、最後の1時間をここで全うする。
skb09-150.jpg
夜の志免竪坑櫓(周辺)を一周。
ライトアップは祭事等以外で行われていないので、真っ暗な志免竪坑櫓が見える。
skb09-151.jpg
…正直、恐ろしい佇まいではあった。その威厳有ってこその志免竪坑櫓である。
そしてこの町のどこかに、空さんは居るのだろうか。
今日も一日を終え、帰っている事だろう。

skb09-152.jpg
帰りのバスが来た。
そうして私もまた、一日を終えるのである。

22:50頃[西鉄バス 志免鉄道公園前→福岡空港] [福岡市営地下鉄 福岡空港→祇園]


skb09-153.jpg
△福岡空港に向かうバスから見えた鉄塔・・・・・・
 3巻か4巻あたりに出てきた鉄塔はこれか?と推察したり…

skb09-154.jpg skb09-155.jpg skb09-156.jpg
バスに乗って福岡空港、そして祇園の宿泊先へ。

長く短い2日+1日であった…。
結局見られた場所は多かったが、かなり焦った部分もあった…
本編に出てきた場所を多数巡り、ああ、確かにこの場所は有るんだ、と思えた事が幸せであった。

しかしこの旅にはまだ感じられない何かが有った。
何だろうか。
まだ会えていない、何か。
まだ会えていない、景色。
(絶対に、また来よう)
そう感じ就寝。

2009年4月4日

skb09-157.jpg
翌日13時間を費やし鈍行のJRで帰宅…
京都に戻り、再度 受験生としての一年が始まる。







そこから1年間、汗と涙と怠惰の1浪生活を経て
私は京都にある第一志望の大学に何とか合格でき、
一大学生として過ごして居ったのです
(いや、今も大学生ですが…)


大学に入学し1年半。あの時会えなかった「何か」を感じたく。
2011年夏、もう一度あの景色に会おうと心に決める。
(…これはどこかで見たことのある景色…)


と言う訳で次回以降
ようやく2011年夏
スケッチブック舞台巡礼記

連載開始
致します…
間もなくあの日から1年経とうとしてるのに私…
この4回分連載するのにも
こんだけ時間かかったのに大丈夫か私…
…纏めてみせます。必ず…!
何卒よろしくお願いします。

スポンサーサイト
  1. 2012/08/13(月) 12:33:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スケッチブック舞台巡礼全記録 2011①九州再訪 (2011.08.30-31) | ホーム | スケッチブック舞台巡礼全記録③ 志免に迷い太宰府に祈る(2009.04.03 Part1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://2outni4.blog.fc2.com/tb.php/8-fd947c76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。