ComicTreasure23
出店のお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スケッチブック舞台巡礼全記録 2011②天神・志免(後) (2011.08.31)

skb-11-shime
愈々舞台は志免町。
スケッチブック視聴者の方々には言うまでもありませんが、
この作品舞台のランドマークとして
最も特徴的な建物が右に描かれている「志免竪坑櫓」です。

かつて九州は炭坑業が盛んであり、ここ志免町でも石炭の採石が
行われていました。
この建物は、地下 600mの深さにある「石炭」と、それを
掘り出した人々を、地下へと続く垂直な「竪坑」を通じて
上まで運ぶ「エレベーター」の機械を格納する建物なのです
(現在その機械は取り外されている)。

炭坑の歴史は事故や労働闘争など辛い過去もあり、この建物が
それらを思い起こさせてしまう為に取り壊そうという意見も
ありましたが、建築そして歴史的に大変貴重で、なおかつ
そういった記憶を後世に残さねばいけないという強い思いから
この建築は残され、2009年(私の前の来訪年!)12月
国の重要文化財に指定されました。

そういう歴史と共に強いインパクトを残す荘厳な外観に惚れ込んでしまったので
志免竪坑櫓に関する文章が長かったりしますが、何卒お付き合い下さいませ…

しかしこの建物とスケッチブックが、今回の旅に更に強い思いを与えて行き…

※「スケッチブック〜full color's〜」
(小箱とたん/ MAG Garden・full color's)内の画像を
比較研究目的のため引用して居ます。

続きを読む
  1. 2013/01/12(土) 16:33:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。